10月

1

入居者募集ののぼりを1本立ててみた

5年も経てば、物件は新築でなくなっている。

また、空室が続くと収入も減りアパート経営が苦しくなってくる。

借り入れをして建築したアパートなので、収入が減ると返済もできなくなってくる。

私が経営しているアパートの周辺には、次から次へと新築物件が立ってきている。

このまま指をくわえて見ているわけにはいかなくなってきた。

どうしたらいいものだろう。

とりあえず、入居者募集ののぼりを1本立ててはみた。

そして、アパートの周りをぐるぐる回って考えてみた。

もし、自分が入居希望者で物件を探しているのだとしたら。

物件は5年経ってはいるものの、しっかりした建築であるし、外観のデザインも素晴らしいので新築物件と比べても見劣りしない。

ただ、全く目立っていないのである。

1本ののぼりもおとなしすぎる。

全く効果なし。

私の物件付近は、赤色を使ったのぼりが多くて目立つ。

Posted in のぼりの必要性について | 入居者募集ののぼりを1本立ててみた はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.