10月

3

アパートの周りを回ってのぼりのイメージを想像

まず、アパートの周りを歩いて見て回った。

ただ、入居希望者は歩いてくる人だけではない。

自転車で、バイクで、または車で来てくれるだろう。

次に、自転車に乗って見て回った。

さらに、車を運転しながら。

歩いて見て回った時には目立たないのぼりであっても、のぼりが立っていると何と書いてあるのか立ち止まればわかるものである。

自転車で見て回っても、後ろから何も来ていなければ多少立ち止まって見ることができる。

しかし、車で見て回る時はなかなかそうはいかない。

見て回るということがむずかしいのである。

車の流れというものがあるので、その流れの中で運転していると、のぼりが立っていてものぼりに書かれた文字を読むのはほんの一瞬の間。

興味がなければ、全く印象に残らない。

興味があったとしても、目立たないのぼりであれば印象に残らないであろう。

Posted in 有効なのぼりとは | アパートの周りを回ってのぼりのイメージを想像 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.